旅する赤ちゃん、イタリアのエノテカにデビューする。

初めてのエノテカ、入門編。

新婚旅行でフィレンツェを訪れた際、入門店としてぴったりのエノテカを見つけました。
その後、娘が生まれ、娘の初めてのイタリア訪問時にもランチで寄り、さらに大好きになって帰ってきましたので、”Note Di Vino”を自信を持ってご紹介させていただきたいと思います。

こじんまりとしたカウンターのエノテカ。

手狭の店内ではありますが、店の前にはオープンスペースがあります。
我々は、3度の訪問時全て店内にて過ごしましたが、外で皆でワイワイ語らいながらワインを傾けるのに憧れますね。

壁にはキャンティがぎっしり。

店内にはワインやバルサミコ、オリーブオイルなどが所狭しと置かれておりますが、やはりメインはトスカーナの名産キャンティワインです。
店主にオススメしていただいたキャンティ・クラシコはこれまで飲んだキャンティの中で忘れられない一杯になりました。
ワインの味や食べ物の味を言葉で表現するのは、素人がやるもんじゃない(笑)ので、写真でお伝えします。

オススメのキャンティ・クラシコでCincin !!

店主オススメのつまみと。

ワインだけ味わっていたら、生ハムをパンに乗せて、オリーブオイルをかけて軽くチンした美味しいやつをつまみにくれました!
シンプルで、どこにでもありそうなのに、ここでしか味わえないような存在感が漂います。
なかなかこんなにもワインに合うものをさらっと出してくれませんよ。
さすがの経験、さすがの貫禄。
どうなんだ?うまいだろ?って、もうただただ店主にされるがままの、心地良いいたぶられ方。
初体験はイタリアのエノテカの作法が分からなかったので、もうすっかりお任せのマグロ状態でした。

2度目のエノテカにて、応用編。

初めて訪問した際は、店の前を通りかかり、あまりの雰囲気の良さにふらふらと入店したのですが、2度目の訪問は、もうその次の日に、前日の体験が忘れられず、更なる美味しい体験を求めて、夕方の訪問でした。

豪華な盛り合わせプレート。

前日は訳が分からず、初めてということでされるがままでしたが、2度目は自分の欲求のままに攻めてみました。
スペシャルなプレートをお願いし、定石の赤ワインに行かず、敢えてのキンキンに冷えた白ワインからのエントリーで。

コクのある白もあったりします。

またもや、デザートのサービスを。
いつもイタリア人の優しさに甘えてします。

デザートのサービスで、ビスコッティとブランデー?

ビスコッティをブランデーにひたひたやって、禁断の甘美を享受する。

3度目の訪問は、旅する赤ちゃんを連れて、常連風に。

3度目は1年半後に、前回は跡形もなかった娘を連れて、我々の酔行の想い出を振り返りつつ、新たなメモリーを刻みました。

旅する赤ちゃん、初めての海外旅行はイタリアへ。

前回は、店主の思いのままでしたが、3度目となれば勝手も知って、慣れたもので、いかにも常連を気取って、分かったようなふりをするのです。

盛り合わせ少なめプレート。

少し小さめなプレートで、余裕を持って挑む。
スイートなジャムの奥に潜むスパイシーな刺激に一喜一憂し、また新たな体験を重ねたと自己満足に浸り、娘とグラスを傾ける日に想いを馳せるのでした。

店舗情報

子連れでも問題なく楽しめる小さなエノテカ。
プロフェッショナルな店員は、子供好きで、いつでも笑顔で話しかけてくれます。
イタリア人は、子供好き。
イカツイ強面兄ちゃんほど、相好を崩してメロメロなのです。

サンタクローチェ教会広場とつながる通り沿いに。

“Note Di Vino”

Borgo dei Greci, 4/6r I-50122 Firenze

 

 

今日という日は、残りの人生の最初の一日。
では、今日も一日楽しみましょう!

 

Please click here !!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

Please click also here !!


マイレージランキング

Photo by abeken98

コメントを残す