旅のすゝめ|香港で、ライカのオールドレンズを探して。【香港迷】

ちょうど2年前、ミラーレスのカメラが欲しくて、散々迷った挙句に、カメラ初心者にはちょっと難しそうだが、個人的には非常に魅力的に感じたSONY α7S ILCE-7Sを購入しました。

また、それに合わせて、レンズは無難にVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSを選びました。

その後、このミラーレスカメラに昔のフィルム時代のレンズをつけて写真を撮ることが可能であることを知りました。
簡単なマウントアダプターを介す事でマニュアルによるピント調整で撮影が可能になります。
これらのレンズは”オールドレンズ”と呼ばれ、一定の人気を維持しているとのことや昔のレンズを復活させて新たな表現を生み出すコンセプトに非常に惹かれました。
さらに、”オールドレンズの新しい教科書“(鈴木文彦著)を読み、いろいろ調べた結果、CarlZessもしくはLeicaのオールドレンズを試してみたくなり、なんとか手に入らないか探しておりましたところ、eBayのオークションでCarlZeiss Planar 1,7/50 T*を思ったより安く手に入れることができたことをきっかけに、オールドレンズにハマってしまったのでした(汗

最近は、いろいろ練習し、思ったように撮れるようになって来たことから、チャンスがあったら憧れのLeicaレンズが手に入れられないかと、心に秘めておりました。
そんな折、私の愛読書”素敵な星の旅行ガイド NEXTRAVELER Vol.3 香港“(文・写真:高城剛)に、香港はアジアで随一のクラシックカメラの宝庫との情報があったことから、今回の子連れ家族旅行で唯一我儘を言い、何軒ものカメラ店が軒を並べる雑居ビルに侵入してまいりました。

16 Kimberley Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

このようなカメラ店が4,5軒ほど軒を連ねておりました。

クラシックカメラの店々は、Champagne  Courtと呼ばれるビルの一階にあります。

今回の訪問で感じたことは、自分の欲しいレンズをしっかり把握した上で、見に行く必要があるということです。
あまりに色々なレンズがありすぎて、見ているうちに何が何だかわけがわからなくなっていき、購入意欲も減退していきます。

高城剛氏のオススメ店。

アジア随一の品揃えと言われるのは、伊達じゃないなと思いました。

お目当のLeicaのSummicronが…

最初、$2800だったのを$3800に値上がりしたのか、単なる書き間違いか…
赤字の”2“に黒のボールペンでヒュッと尻尾が増えて”3“になっております。
$1=¥15として…¥57,000
これが高いと見るか安いと感じるかこのレンズの価値がどの程度なのか判断しかねました。

滞在期間が長く、一人での訪問でしたら気兼ねなく落ち着いてレンズを見せてもらって、試撮をさせてもらい、腰を据えて値段交渉となるのでしょうが、今回は時間のあまりない子連れ家族旅行です。
妻子の視線に怯んでしまい、とりあえずどんな所かという事前調査で終了しました。
今後、カメラの腕をもう少しあげ、レンズについてさらに勉強し、再訪したいなと思った次第です。

後日談:香港のライカレンズ購入資金を0円で生み出す方法。

ここで、後日ふと思いついた“私が欲しかったライカのレンズを香港で購入するための資金を0円で生み出す方法”を追記しておきたいと思います。

この旅行時の仙台-成田-香港のANA航空券が¥56,700(税込¥64,120)で、ほとんどこのレンズと同額でした。
つまり、香港に交通費をかけずに行ければ、交通費がレンズ代に変わることになります。
もう勘の良い方は、気づいているでしょう。
そう、マイルを利用して香港に行くことが出来れば、その分の交通費が浮き、この憧れのライカのレンズが十分買えるということになります。
さらに、家族3人での子連れ旅行を全てマイルで、”しれっ”と補充すれば、¥56,700×3=¥170,100がこの家族旅行で浮くことになります。
したがって、家族に知られずにライカのレンズ購入資金を生み出すことが出来るわけです。(知られてもいいのですが…)

質問1. 日本-香港にマイルを利用していくためにはどれくらいのマイルを貯めればいいの?
ANAのエコノミークラスを利用した場合、レギュラーシーズンで20,000マイル、ハイシーズンでも23,000マイルになります。
したがって、23,000マイル×3=69,000マイルを貯めておけばいいことになります。

質問2. 69,000マイルもどうやって貯めますか?
ある人は、コツコツとクレジットカードのポイントで貯めるかも知れません。
全くの外れではないですが、1.5%還元のクレジットカード決済でも¥4,600,000も決済する必要があります。
2~3年くらいかかってしまうでしょうか?

またある人は、飛行機に乗ってマイルを貯めるかも知れません。
日本-ヨーロッパ間でも往復10,000マイル程度しか貯まりませんので、それだと現金で香港行きの航空券を購入した方が安上がりになります。

では、どうしますか?
やはりここは、今流行りの“陸マイラー”活動を実践して、ANAマイルを貯めるのが一番だと思います。
具体的には、ポイントサイトを利用して、ポイントを貯めて、“ソラチカルート”を使ってポイントをANAマイルへ変換することで、月々18,000マイルを0円で獲得することが出来るのです。

関連記事:マイルのすゝめ|ANAマイルをしっかり貯めるのに、とっても必要なこと。

具体例は、以下の記事に書いてありますので、興味のある方は是非ご参照ください。

以前少しだけ以下の記事で紹介しましたが、今回、今更ではありますが、私の周りの方々のためにもポイントサイトについて記載しておこうと思います。 私は、もともと航空会社系のクレジットカードを長年利用し、生活費の決済でコツコツと航空会社のマイルを貯めていました。もちろん現在もそれは継続しておりますが...

 

前回、ポイントサイトについて記事にしましたが、友人から問い合わせがいろいろありましたので、私が現在実践しているポイントタウンからANAマイルに変換する方法をより詳細に記載しておこうと思います。 ググればたくさんの方がブログに書いてはいますが、私の経験を一つの情報に変えることで、友人達にリアル感が...

 

前回、私が現在実践しているポイントサイトのポイントタウンからANAマイルに変換する方法について記事にしましたが、友人からJALは?との問い合わせをいただきましたので、JALについても一連の流れを記載しておこうと思います。  JALへのポイント変換ルートもググればたくさんの方がブログに書いてはいますが...

 

私が現在実践しているポイントサイトは複数ありますので、今回は、ちょびリッチからANAマイルに変換する方法を記載しておこうと思います。ポイントサイトについてのこれまでの記事は参考資料として以下にお示しさせていただきます。   こちらに関してもググればたくさんの方がブログに書いてはいますが、...

 

月々18,000マイルを貯めることができるとなると、4ヶ月もあれば十分家族分のマイルも貯めることができます。
年3回も香港にマイルで行くことができるようになります。
したがって、¥170,100×3=¥510,300もライカレンズ購入の軍資金が生み出されるということになります。
1年に3回も家族を香港に連れて行くことで喜んでもらえ、さらにライカの素晴らしいオールドレンズを手に入れることが出来れば、これほど幸せなことはないのではないでしょうか?(笑

3回も行くか!💢って方も、まずは1回お試ししてもいいと思いますよ。
クラシックカメラ好きには聖地と言える香港で、レンズ沼にハマる旅はいかがでしょうか?

ここからあなたのオールドレンズを巡る香港旅が始まります。

 

今日という日は、残りの人生の最初の一日。
では、今日も一日楽しみましょう!

Photo by abeken98

 

Please click here !!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

Please click also here !!


マイレージランキング

コメントを残す