SFC取得を目指して vol.4|2016年以降の陸マイラー活動の実績から

2016年2月から開始したポイントサイトを利用したANAマイルの獲得状況の分析を行っておりました。
2017年1月〜12月間の実績に関しては、ポイントサイト、クレジットカード、フライト、その他と分類し、どのような割合で獲得したか以下の記事にて情報提供させていただきました。

最近、「どうしてマイルがそんなに貯まるの?」という質問をよくされます。そして、「いっぱい飛行機乗ってるから?」「クレジットカードでの買い物で?」と、大抵この2つのことも併せて聞かれます。その都度、この2つの質問を軽く否定しつつ、「いろいろあるんですよ🎵」と、ニヤニヤしながらホントのところを説明するの...

その分析によると、ポイントサイトからのANAマイルは、74%を占めていました。
やはりここからの収益は欠かせなくなっております。

2016~2017年のANAマイル獲得状況

今回は、陸マイラー一年目の2016年のデータも残っていて、まとめることができましたので、2017年と並べて比較してみました。

2016年ANAマイル獲得割合

2017年ANAマイル獲得割合

2016年は合計128,450マイル、2017年は合計291,592マイルと2.3倍になりました。
その大きな要因は、ポイントサイトからのマイル獲得が2.9倍に増加したことでしょうか。
一方で、クレジットカードからのマイル獲得が0.7倍に減少したことから、マイル獲得に要したコスト(お金)は減少したことになります。
したがって、2017年は2016年に比べ、低コスト高マイルという非常に良い結果になったと思われます。

夏のリスボンにて。

現代版陸マイラー活動をしてみて

ANAマイルを貯めるために陸マイラー活動開始後半年は、なかなか軌道に乗らず、本当にポイントサイトを利用してANAマイルを継続的に貯めることが可能なのか半信半疑でしたが、ANAパパ以外にも多くの陸マイラーブログを読み漁り、それらの情報を吟味し、実行することで、2017年は12ヶ月連続で18,000マイル(ソラチカルートの上限)を積み重ねることができました。

2017年東京メトロポイント→ANAマイル実績

陸マイラー活動を実践してみての感想は、とにかく最初はポイントサイトを経由することになかなか慣れず、多くのポイントを逃して、損したなーと落ち込んだことでしょうか。
たったそれだけのことでしたが、上手くいかないと変に落ち込んで精神的には良くなかったですね。
しかし、それが習慣化し、しっかりポイントサイトを活用することが出来るようになると、楽しさや達成感が味わえて、嬉しかった覚えがあります。
今では、その達成感も当たり前になっていますが…

ツール・ド・フランスの最終ステージ、パリのシャンゼリゼ通りにて。

したがって、軌道にのる最初の半年が肝心で、そこでしっかりと成功体験を積み重ねられるかどうかが、挫折するか上手く行くか決まる気がしました。
一度でもポイントを貯めて、ソラチカルートを利用してANAマイルに変換出来れば、その経験を元に次に進んでいけると思います。
毎月、しっかり18,000マイル分の東京メトロポイント(20,000ポイント)を貯めることが出来なかったとしても、どんどんマイルに変換し、達成感を積み重ねることも重要だと思います。

まとめ

2018年始まってすぐにソラチカルートの存続の危機が訪れましたが、まだまだポイントサイトからANAマイルへの変換自体は出来ますので、引き続きポイントサイトを利用した陸マイラー活動は継続して行く予定です。

ビエンチャン、タートルアンの黄金の輝き。

今日という日は、残りの人生の最初の一日。
では、今日も一日楽しみましょう!

Photo by abeken98

 

Please click here !!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

Please click also here !!


マイレージランキング

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す