SFCを目指して vol.5|2017年プレミアステータス獲得全行程の分析

2017年はANAの上級会員であるプレミアステータスを獲得するべくANAに多く乗りましたので、参考としてその実際の搭乗区間(レグ)とコストに関して、最後にまとめておきたいと思います。

プレミアステータス獲得への道

まずは、全レグを列記します。

【家族旅行】
2017年1月20日:仙台ー沖縄 1695 PP ¥9,900
2017年1月22日:沖縄ー仙台 1695 PP ¥9,900

【出張】
2017年2月10日:仙台ー中部 483 PP ¥17,210
2017年2月10日:中部ー仙台 483 PP ¥17,510

【出張】
2017年2月12日:仙台ー伊丹 1192 PP ¥34,600
2017年2月12日:伊丹ー仙台 594 PP ¥15,100

【出張】
2017年3月11日:仙台ー伊丹 1192 PP ¥ ー
2017年3月12日:伊丹ー仙台 1192 PP ¥ ー

【家族旅行】
2017年3月24日:仙台ー成田 354 PP
2017年3月24日:成田ー香港 1367 PP
2017年3月26日:香港ー中部 1224 PP
2017年3月27日:中部ー仙台 644 PP
¥64,120

【出張】
2017年5月13日:仙台ー伊丹 1588 PP ¥ ー

【出張+修行】
2017年6月2日:仙台ー広島 769 PP ¥12,700
2017年6月3日:広島ー沖縄 2025 PP ¥16,100
2017年6月3日:沖縄ー広島 2025 PP ¥16,100
2017年6月3日:広島ー仙台 769 PP ¥12,700

【出張】
2017年7月29日:仙台ー広島 769 PP ¥15,400
2017年7月30日:広島ー仙台 769 PP ¥24,600

【家族旅行】
2017年8月7日:仙台ー成田 265 PP
2017年8月7日:成田ーバンコク 3269 PP
2017年8月7日:バンコクーフランクフルト 709 PP
2017年8月8日:フランクフルトーミラノ/マルペンサ 5984 PP
2017年8月12日:ミラノ/マルペンサーバンコク 6010 PP
2017年8月13日:バンコクー成田 3269 PP
2017年8月13日:成田ー仙台 265 PP
¥139,670

【修行】
2017年11月4日:羽田ー沖縄 2860 PP ¥30,090
2017年11月4日:沖縄ー羽田 2860 PP ¥32,790

【出張】
2017年11月10日:仙台ー伊丹 594 PP ¥12,500
2017年11月12日:伊丹ー仙台 594 PP ¥15,700

【出張】
2017年11月30日:仙台ー中部 483 PP ¥22,010
2017年12月1日:中部ー仙台 483 PP ¥15,810

【家族旅行】
2017年12月8日:仙台ー沖縄 3225 PP ¥30,100
2017年12月10日:沖縄ー仙台 3225 PP ¥31,900

2017年12月8日 AMCプラチナ達成

2017年度プレミアムポイント 合計 54,924 PP
合計コスト:¥596,510
¥10.86/PP(出張込み)  ¥9.37/PP(出張除く)

私は、一部の出張で、交通費ではなくチケットでの提供もありましたので、PP単価が不明のものもありますが、以上となります。
完全プライベートフライトによるプラチナ達成ではありませんでしたが、やはり達成感は大きなものでした。

これがダイヤモンドステータス達成となれば喜びは一入なのでしょう。

ベネチアはブラーノ島にて。

詳細分析&解説

プレミアムポイント(PP)獲得の62.6%は妻子を連れての旅行でした。
したがって、妻もブロンズステータスまでは到達していました。
一方、いわゆる修行と呼ぼれる行程(17.8%)も一部経験しました。
出張時に上手く合わせて一人で経験しましたが、正直、家族に後ろめたい気持ちが拭えず、心の底から楽しめなかったため、私には一人修行は合いませんでした。
また、PP獲得は、ANAからが65.0%、その他のスターアライアンスからが35.0%でした。
さらに、コストですが、出張分を含めた全コストは596,510円で、PP単価は10.86円/PPでしたが、出張分を除くと9.37円/PPとなりました。
このコストは、夏休みのイタリア行きのチケット以外は全てポイントサイトから貯めたANAマイルをANA SKY コインに変換して支払ったため、実質 ¥139,670しか手出しのコストはかかっておりません。

今回の行程の中で最もPPを獲得出来た旅行は、仙台−成田−バンコク−フランクフルト−ミラノ−バンコク−成田−仙台で、19771 PPでした。ヨーロッパに行く際にバンコク経由を入れることで、かなりのPP獲得に違いが出ましたし、7.06円/PPでしたので、オススメです。
ちなみに、成田−バンコクはタイ航空の二階建てのA380で、二階部分のエコノミー席の最前列でした。
初めて二階建て飛行機に乗りましたが、子供連れでもゆったりと出来て、いいフライトとなりました。

フランクフルトでのトランジット待ち。

子連れ海外旅行のすゝめ

現在2歳の娘は、飛行機が大好きなので、眠たい時に少し愚図るぐらいで、泣くこともなく、うるさくすることもなく、機内では絵本を読んだり、お菓子食べたりしながら、いろいろと満喫しております。
子連れ旅行での飛行機移動は、親としてはストレスかと思いますが、海外旅行を楽しむためには欠かせませんので、初めての海外旅行前に、出来れば国内線を何度か経験するというような準備をしておくことも重要かと思います。
ちなみに我が家は、生後7ヶ月で国内線(仙台-大阪)デビューし、生後8ヶ月でイタリア行きの国際線デビューしました。

以下の記事に子連れ海外旅行のすゝめを書いていますので、もしよろしければご参考にしていただけたらと思います。

旅する赤ちゃん、初めての海外旅行はイタリアへ。

旅する赤ちゃん、イタリア行きの準備をする。

イタリア行き航空券の探し方、子連れ旅行では少しでもお得に!!

海外旅行デビュー後も、沖縄×2、大阪、香港、2回目のイタリアと定期的に飛行機を利用していますが、子供も親もかなり慣れて、今ではびっくりするぐらい旅を楽しめています。

いつか、子供とともにダイアモンドステータスを目指せる日を夢見て!

今日という日は、残りの人生の最初の一日。
では、今日も一日楽しみましょう!

 

Please click here !!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Please click also here !!


マイレージランキング

コメントを残す