旬のヒラメを求めて、仙南サーフで釣りをする。

2018年晩秋、宮城県沿岸のサーフ(砂浜)ではヒラメ釣りが最盛期を迎えます。

“水温が低くなり青物の回遊も少なくなるとカタクチイワシの群れの接岸が始まり、それに良型のヒラメが着く”

ー釣りTiKi東北(http://tsuri-kahoku.jp/chokouki/2017/11/174531.html)

とのことから、朝早くから宮城のサーフではアングラーがヒラメを求め、竿を振るのです。

私は、3年前のこの秋シーズンからサーフでの釣りを始めました。
それまでは、学生時代に少々堤防の釣りを経験した程度で、本格的に始めたのが、この晩秋のヒラメ釣りからでした。
私がよく行くポイントは仙南サーフと呼ばれ、宮城県南部に位置する砂浜地帯です。
朝早くから砂浜に打ち寄せる波を感じながら黙々と大海原にルアーを投げ込んでいるといつの間にか自然と一体化したような不思議な感覚に至ることがあります。
それは疲れや不快感ではなく、むしろ何とも言えないリラックスした心持ちになるのです。
そんな中、不意にやってくるヒラメの当たり程、快感を覚えるものはありません。

今回は、初めて釣り経験豊富な友人2人とともに3人でいい時間を過ごしましたので、釣行後の感想を記事にしておきます。

関連記事:ファーストシーバスを求めて、宮城の大河で釣りをする。

釣行に同行した友人の Twitter

さらに、もう一人の友人のInstagram

 

View this post on Instagram

 

魚は出せなかったけど、初めて3人で竿を振り、最高の時間を共有できたことに感謝。 #晩秋 #ヒラメズム #仙南サーフ #🎣🌊

momiさん(@mominosuke)がシェアした投稿 –

私のInstagram

確かに結果として全く釣れることはありませんでしたが、3人での初めての釣行となり、非常に有意義な楽しい時間でした。

今シーズン(今年)はもう一度行けるだろうか…
久々に釣りをしたということ、そして、今回釣れなかったということで、今まで以上に釣り熱が高まってます。
特に、シーバスやりたいです。
実は、ロックフィッシュもやったことがないのでやってみたいです。
もちろんサーフでのヒラメも。
港湾のエギングも興味があります。

ちなみに、その後友人達は、釣り熱の高まりをしっかり解消したようです。
羨ましい!

 

View this post on Instagram

 

旅人→釣人へ。おかえりなさい🙌 @kagshun #宮城 #川マル #川鱸 #シーバス

momiさん(@mominosuke)がシェアした投稿 –

来年こそは、皆で楽しめるように、私もしっかり準備します!

関連記事:ビギナーズラックを求めて、宮城の大河で釣りをする。

 

今日という日は、残りの人生の最初の一日。
では、今日も一日楽しみましょう!

Photo by pharmacistraveler

 

Please click here !!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Please click also here !!


マイレージランキング

コメントを残す