「普段、お薬飲んでいないけど、旅行中何かあった時のために、お薬持って行こうかな…」
「風邪薬と胃腸薬と、あと、えーっと…」

迷った時のために、薬剤師の視点で、旅に持参する対処薬を列記しました。
個人的なオススメ順で記載しております。

*先発品:最初に開発・承認・発売された医薬品のこと。
*OTC薬:医師による処方せんを必要とせずに、ドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品のこと。

1. 解熱鎮痛剤

  • 成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物
    先発品名:ロキソニン
    OTC薬:ロキソニンS
    コメント:ドラッグストアで購入できる解熱鎮痛剤では、第1類に属しており、かなり効果が強い。1日3回までを限度に、食後服用を推奨。空腹時に服用すると胃痛及び胃部不快感生じる可能性あり。ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムは短期の旅行であれば、必要ないかと思われる。小児や妊婦には推奨しない。
  • created by Rinker
    ¥680 (2018/12/15 05:08:01時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 成分名:アセトアミノフェン
    先発品:カロナール、アンヒバ、アルピニー
    OTC薬:タイレノールA、ラックル、小児用バファリンなど
    コメント:対象者は最も広範囲で、小児や妊婦・授乳婦を含む女性にも使用できる。家族やグループで1種類としたらこちらがオススメ。空腹時でも服用できるが、旅行中と考えると、万が一胃痛になるのは避けたいので、何か食べれるのならば少し食事をしてからの方が安心できる。
  • created by Rinker
    ¥622 (2018/12/15 05:08:01時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 成分名:イブプロフェン
    先発品:ブルフェン
    OTC薬:イブなど
    コメント:個人的には全く効果なし。イブというと女性がよく服用しているイメージがあります。ネーミングやパッケージのせいでしょうか。
  • created by Rinker
    イブ(EVE)
    ¥680 (2018/12/15 05:08:02時点 Amazon調べ-詳細)

2. 整腸剤

  • 成分名:酪酸菌
    先発品:ミヤBM
    OTC薬:ミヤリサン
    コメント:抗生剤による下痢症状にも効果があり、万能の整腸剤です。小児や女性にも推奨です。添付文書には、O157の増殖抑制があると記載。
  • created by Rinker
    ¥1,990 (2018/12/15 05:08:02時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 成分名:耐性乳酸菌
    先発品:エンテロノン-R
    OTC薬:なし
    コメント:ミヤBM同様、抗生剤による下痢症状にも効果があり推奨されるが、牛乳アレルギーの方は避けた方が良いかもしれない。
  • 成分名:ラクトミン製剤
    先発品:ビオフェルミン
    OTC薬:新ビオフェルミン S
    コメント:OTC薬として非常にポピュラー。これだったらヨーグルトでもいいのでは?と個人的には思ってしまう。

3. 総合感冒剤

  • 成分名:サリチルアミド+アセトアミノフェン+無水カフェイン+プロメタジンメチレンジサリチル酸塩
    先発品:PL配合顆粒
    OTC薬:パイロンPL顆粒
    コメント:処方薬で最も処方される総合感冒剤であるが、従来これと全く同じOTC薬はなかったが、2017年8月にとうとう発売開始となった。
    OTC薬の中で、総合感冒剤の選択が一番難しい。様々な種類があり、それぞれ成分の構成や量が異なるため、その症状に合わせて下記の含むものを選ぶ必要がある。
    発熱;アセトアミノフェン、イブプロフェンなど
    咽頭痛;トラネキサム酸
    鎮咳;ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩など
    去痰;L-カルボシステイン、アンブロキソール塩酸塩など
    鼻汁;クロルフェラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩など

4. 消化器用剤(胃腸薬、嘔気止め、止瀉薬)

  • 成分名:レバミピド
    先発品:ムコスタ
    OTC薬:なし
    コメント:胃粘膜保護剤ですが、似たような効能のものが何種類かあります。その中でも、個人的には飲みやすくて、なんか安心します。カプセルや散剤より、白い錠剤の薬が好きです。
  • 成分名:テプレノン製剤
    先発品:セルベックス
    OTC薬:セルベール
    コメント:こちらもレバミピド同様、胃粘膜保護剤になり、汎用されております。しかもOTCがありますので、胃に不安のある方が、鎮痛剤のロキソニンSなどを服用する際に、併用するのに役立ちます。
  • 成分名:ファモチジン
    先発品:ガスター
    OTC薬:ガスター10
    コメント:こちらはH2ブロッカーと呼ばれ、過剰な胃酸分泌を抑制し、胃痛や胃部不快感に効果があります。腎機能低下している方は避けた方が良いかもしれません。
  • 成分名:メトクロプラミド
    先発品:プリンペラン
    OTC薬:なし
    コメント:嘔気止めに関しては、非常に難しいです。何が原因の嘔気なのか評価する必要があるため、OTC薬ではなかなかこれがというのをおすすめ出来ません。ムカムカ的な嘔気であれば、ガスター10が有効な場合もありますし、乗り物酔いならば、トラベルミンが効果があると思います。
  • 成分名:ロペラミド塩酸塩
    先発品:ロペミン
    OTC薬:ロペラマックサット
    コメント:強力な止瀉薬であり、15歳未満は服用できない。下痢がひどい時のみの服用にすると良い。小児は整腸剤で対応した方が良い。アメリカのドラッグストアでも置いてありました。

5. 酔い止め薬

  • 成分名:ジフェンヒドラミンサリチル酸塩+ジプロフィリン
    先発品:トラベルミン配合錠
    OTC薬:トラベルミン
    コメント:乗り物酔いになりそうな時は事前に服用をおすすめします。酔った後でも服用すると症状が軽くなります。しかし、眠気が強く生じることがありますので、車の運転時には気をつけて下さい。

おまけ(サプリメント)

サングラス着用

  • 成分名:葉酸
    先発品:フォリアミン
    OTC薬:ネイチャーメイドなど
    コメント:旅先でアルコールを過剰摂取した場合や下痢症状の改善、食欲不振にも効果があると言われております。また、妊婦や授乳婦において不足しがちな葉酸を補充することで、胎児や赤ちゃんのために身体を整えます。
  • created by Rinker
    BABY葉酸 ママのめぐみ
    ¥6,980 (2018/12/15 00:37:04時点 楽天市場調べ-詳細)

BABY葉酸ママの恵み

関連記事:葉酸のすゝめ|元気な赤ちゃんを迎えるために。

葉酸のすゝめ|元気な赤ちゃんを迎えるために。【薬剤師】

関連記事:葉酸のすゝめ|サプリメントリスト

葉酸のすゝめ|サプリメントリスト【薬剤師】【葉酸サプリメント】

あくまで参考までにですが、旅の間の急な体調不良は旅を楽しめませんので、準備は怠りなく!

今日という日は、残りの人生の最初の一日。
では、今日も一日楽しみましょう!

photo by pharmacistraveler

 

Please click here !!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

Please click also here !!


マイレージランキング